メニュー

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断・治療

狭心症、心筋梗塞虚血性心疾患とは、動脈硬化によって心臓(筋)を栄養する冠動脈の血の巡りが阻害されて、心臓に障害がおこる疾患を言います。

 

狭心症・心筋梗塞

心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給している冠動脈の血流が障害されることによって、胸の痛みや締めつけるような圧迫感を伴う病気が心筋症です。これにより、心臓が壊死してしまった状態を心筋梗塞といいます。

原因

生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)、肥満、喫煙、運動不足、過度な飲酒などが主な原因ですが、不整脈、血管炎、小児期の川崎病の既往などが原因となることもあります。

治療

まずは原因となる生活習慣病などをコントロールし動脈硬化を予防することが最も重要です。冠動脈を広げる必要が生じた時はカテーテル治療や、場合によっては外科手術を行うこともあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME